トップ

学校用ノートの整理方法

学校でのノート活用法

学校での国語のノートの取り方

国語という教科は、学校の授業において縦書きで板書がされることや教科書やテストも縦書きで書かれているため、ノートも縦罫のものを選んで使うと良いでしょう。予習の段階では現代文では言葉の意味、古文(漢文)でも古語などの言葉の意味や現代語訳を自分なりにして授業に臨むことが大切です。学校の古典の授業では、文章を正しく理解するために古語文法(品詞分解)や古語の意味、その時代の作品の時代背景などの説明がされますが、ノートの取り方として、それぞれの文法事項、古語、時代背景や文学史などを項目ごとにわかりやすいように整理して書いていくのが良いでしょう。

ノートの取り方

国語のノートの取り方について

子供の学校でのノートの取り方が綺麗でないと悩んでいる親御さんも多いです。数学であれば数式をこう並べるといった書き方がはっきりしていますが、国語についてはあまりスペースを空けずにノートを詰めて書いてしまうという場合も多いのではないでしょうか。中でも古典の書き取りについては古語を扱う分、少し難しい面があります。学校の教科書を丸写しするだけではなく、文節に分けて現代語訳を書き入れたり自分で調べた文法事項を隣の行に添えてみたり、またラインマーカーなどを使うことで見やすくかつテストのにも見返し易いものになります。

↑PAGE TOP