トップ / 福祉大学で多くを学ぶ

福祉大学で多くを学ぶ

福祉大学で学ぶ事

福祉大学で学べること

福祉大学とは、高等教育機関である大学で、福祉の分野に関連した教育を目指した学科や学部を設置してそれら専攻科目を中心に据えた大学名に関する名称です。主に、社会福祉士や介護福祉士、精神保健福祉士、保育士などの専門職を養成するための教育が行われています。福祉大学は、福祉サービスを質が高く提供できる人材などを育成しており、学生が将来希望する職業や職種に合わせて専門性と実践力を深めるカリキュラムになっています。福祉を専門的に学ぶことによって、地域で安心して暮らせるように支援する人材を育成することができます。

ノートの取り方

↑PAGE TOP